fc2ブログ

究極至高のコピペ

2ch,5ch,おーぷん2chなどから ネットで話題の気になった記事のまとめ RSS http://janba.blog58.fc2.com/?xml

訪日中国人が靖国神社で気付いた「反日」の矛盾―中国ネットユーザー 



1: 名無し 2014/04/02(水)09:45:51 ID:zP2FopRlV

訪日中国人が靖国神社で気付いた「反日」の矛盾―中国ネットユーザー
Record China 4月2日(水)7時10分配信
2014年4月1日、ある中国のネットユーザーが日本を訪れた際、これまでの認識を一変させた経験を、自身のブログにつづっている。
以下はその概要。

民族のわだかまりを抜きにすれば、日本は確かに尊敬に値する国だ。日本の戦後の急速な発展や
現在に至るまでの科学技術、世界に影響を及ぼす文化などは、称賛せずにはいられない。
靖国神社は戦犯が集められている場所だと思っていたが、実際に行ってみるとA級戦犯は14人だけで
残りの多くは日本の平民が祀られており、そのなかにはなんと外国人も含まれていた。
一方、われわれの国はどうだろう。抗日戦争の英雄を誰が供養しているのか。
存命の兵士は最低限の医療や生活の保障さえ与えられていない。
私は以前、日本は再び中国を侵略するのではないかと考えていた。
しかし、ここへ来て初めて、それが中国の思い過ごしだということがわかった。
中国政府は国内を統治する目的から、一般市民に仇や恨みといった日本への敵対心を植え付ける必要があるのだ。
これは古い冷戦時代の考え方だ。
現代の戦いは軍事力によって解決を図るものではない。
日本は経済、技術面ですでに中国各地の攻略に成功している。
中国人の盲目的な日本人への恨みは、扇動と自己への自信の無さからきている。
相手を敵に仕立てることは、自分が相手の実力を気にしている証拠なのだ。
実は、日本人は中国人をせいぜい「礼儀のない成り上がり者」としか見ていない。
もう1つ私が驚いたのは、日本は中国と国交を樹立した後、長年にわたり中国に経済的な援助をしていたことだ。
1980年代は日本の巨額の経済援助もあり、日中は蜜月期を迎えた。
映画、テレビ、アニメなど大量の日本文化が、世界を見始めたばかりの中国人の目に飛び込んできた。
私の両親は当時の日本の映画に詳しく、私は任天堂のファミコンやドラゴンボールに夢中だった。

民族のわだかまりは怖くない。

怖いのは相手の長所を見極められず、学ぶことをしない民族だ。
清朝末期には「師夷長技以自強(西洋人の進んだ技術をもって自国を強くする)」をスローガンに掲げていたが
今はどうだろう?利益を争い、互いに毒を盛り合うような民族に、未来はないのだ。(翻訳・編集/北田)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140402-00000013-rcdc-cn

引用元: ・訪日中国人が靖国神社で気付いた「反日」の矛盾―中国ネットユーザー

2: 名無しさん 2014/04/02(水)10:06:05 ID:BQci067zz
これ ほんとに中国人が書いたのかいな

3: 名無しさん 2014/04/02(水)10:14:08 ID:3hXLfNVuj
こんなブログを当局が許すわけもなく

4: 名無しさん 2014/04/02(水)10:16:37 ID:Fw0Ywvl9j
最近ヤフーのニューストピックスに
似たような中国の日本age記事が何度も掲載されててぁゃしぃ

5: 名無しさん 2014/04/02(水)10:16:54 ID:M1mIstWaO
中国当局は共産党への非難や打倒を煽らなければ日本を褒めても許す事が多いよ
中国民衆は共産党への非難は許すけど日本への迎合や賛辞は許さない

6: 名無しさん 2014/04/02(水)10:17:05 ID:tNnKMsl0Z
知日派が増えたらあっちの政治家が困るだろwww

7: 名無しさん 2014/04/02(水)10:19:20 ID:VIgrEtUfi
近寄ってくんな

10: 名無しさん 2014/04/02(水)10:29:39 ID:DJvWBkd0p
中国の経済が破綻しないで、このまま軍拡が続いた場合
日本の人口と経済規模で、中国と軍事的なバランスを保つのは無理らしい
アメリカも国益という観点から言うと中国を経済パートナーに選ぶ可能性もある

日本はアメリカの圧力もあって核配備も難しい場合
将来的に最悪中国の属国みたいになる可能性もある

そう考えると、今から日本がやるべき事は、中国の民主化と教育を後押し
間違った戦争の歴史を少しでも誤解を解く事だと思う

そうしないと、日本を本気で恨んでいる人達は、南京の仕返しに東京虐殺とか考えているらしい
中国人の残虐性は結構有名らしいから、かなり危険

17: 名無しさん 2014/04/02(水)10:52:07 ID:DILkvZq8v
>>10
そうなったときは、全ての原発をクラッシュさせて、もろともに滅びよう。
遊び半分で八つ裂きにされたり、家族を目の前で輪姦されたりするぐらいなら、国ごと体当たりしてやろうよ。
相手は放射能って、聞くだけで飛んで逃げる奴らだからな。

24: 名無しさん 2014/04/02(水)11:51:04 ID:qbD9fnbxQ
>>17
核兵器が外圧で封じられている今、このアイデアは有効な気がしてきた。
なんというか、自殺兵器。
日本に侵略するなら、地球を巻き添えにして特攻します、みたいな。
放射能をグローバルに撒き散らすとか、小惑星を落とすとか。

平和を保つのには、そのくらいの覚悟が必要だと思うんだ。

26: 名無しさん 2014/04/02(水)14:13:35 ID:ZTk5MWd1L
>>17
もんじゅは日本の最後の砦でいざという時の北半球もろともの自爆装置
と昔噂されてた。
ユダヤやメーソン陰謀論なんかへでもない位
日本の陰謀はやばすぎるw

まあジョークではあるだろうが
中曽根康弘は海軍士官当時、広島原爆投下を四国側から見たとかで
ここで核開発に遅れを取ったことと膨大な被害を心底憤慨して原発開発(実は核兵器保持)を決意したとか。
いざという時に何が必要か骨身に沁みて分かってる人だからもんじゃ他原発自爆装置もあながちジョークとも思えない。

25: 名無しさん 2014/04/02(水)12:43:25 ID:6PLsT8u0M
>>10
積極的に破綻させるべく務めればいいじゃん
どちらにせよ日本の金を使わなきゃいかんのならそちらの方が遥かに良策だ
戦う前から属国化したらどうしようそうだご機嫌とろう
こんな奴は一番軽侮され手酷く扱われるのが世の常

11: 名無しさん 2014/04/02(水)10:34:00 ID:DJvWBkd0p


見ろ!実は、日本兵は中国で礼儀正しく、皆から愛されていた。

http://f17.aaacafe.ne.jp/~kasiwa/korea/photo/china.html

12: 名無しさん@転載推奨 2014/04/02(水)10:34:22 ID:xI9Csx7JM
互いに毒を盛り合って、金が貯まったらアメリカに家を建てる
国家がでかすぎるから本当の愛国心が育たないんだな
国の人口は1億人くらいが限度だっていうし

13: 名無しさん 2014/04/02(水)10:37:36 ID:Bp75kN0AP
中国の反日は政府の計算
韓国の反日は政府が招いた暴走
中国人感情で暴走してるわけじゃないし、数も多いからこういう冷静な意見も出てくる
でも韓国人でこういう意見は聞いた事ないんだよな……

15: 名無しさん 2014/04/02(水)10:44:27 ID:59DiRcWBY
だから靖国は崇める場所じゃ無くて鎮める場所なんだよ

20: 名無しさん 2014/04/02(水)10:57:27 ID:GDJwxD65F
この記事が本当かどうかなぞどうでもいい、不毛
ただなんで中国人は>>1のような単純明快な答えを靖国に来るまで
分からないのか不思議で仕方ない

21: 名無しさん 2014/04/02(水)11:03:10 ID:GUtDF0pK5
気づいた人間が弾圧され人知れず消されるのがシナ
誰も何も気づかないヒトモドキしか居ないのが朝鮮

22: 名無しさん 2014/04/02(水)11:08:35 ID:u4j1oUSSX
中国人は韓国人と違ってこう言うまともな奴が多少がいるから危険
余計なこと気がつかず相変わらず反日デモで暴れてくれる位がちょうどいい

27: 名無しさん 2014/04/02(水)14:15:23 ID:sWZRD0vLV
A項戦犯など、もはや存在しない。

28: 27 2014/04/02(水)14:18:39 ID:J072srQYY

中韓やアジアの人達が許しても、
心あるモラル高き日本人は侵略強盗強姦殺人犯罪の卑怯な靖国英霊兵士を絶対に許さない、
侵略強盗強姦殺人犯罪を過去の歴史の中に放置すれば未来の子供たちに顔向けできない、
日本に真の豊かな未来はないからだ。

30: 名無しさん 2014/04/02(水)14:27:31 ID:ZTk5MWd1L
それぞれの国民の民度はそう簡単に変化するものじゃない。
今の日本と中韓の民度を見れば戦時中に誰が何をしたか簡単に分かりそうなものを。
南京で日本兵がやったと言う例の女性に棒を突っ込んでというやつ
あれと全く同じ形跡の人骨が中国のあちこちから出土している。
何百年も昔から存在してたのか帝国陸軍w

自分の家を必死で警戒防御していたら実はおぞましい敵は家族だったと中韓は必ず気付く時が来る。
どうパニくるか自滅を待つのみ。

31: 名無しさん 2014/04/02(水)14:31:08 ID:DsyvRoJth
韓流ドラマで懲りたはずのフジテレビが、今度は支那ドラマを買い付けて来て新番組として放送する事が決定したんだわ。

で、最近2ちゃんやopでやたら目にする『韓国に比べれば支那はまだマシ』といった主旨の支那ageスレの存在。

支那共産党の陰がチラつくのは気のせいかねぇ。

35: 名無しさん 2014/04/02(水)14:45:58 ID:Jtgty55Cq
>>31
気のせいじゃないw
サーチナ、レコチャイの存在意義なだけ

32: 名無しさん 2014/04/02(水)14:35:19 ID:2TKPwGCwP
そりゃ13億人もいたらこう言う変わり者も一人や二人いるだろう

38: 名無しさん 2014/04/02(水)15:05:43 ID:ME9SsC3PH
>>32
そもそもこのネットユーザーなる人が実在するかあやしいもんだと思う
レコチャイソースならなおさら

33: 名無しさん 2014/04/02(水)14:37:46 ID:Ts4GHM8o3
>靖国神社は戦犯が集められている場所だと思っていたが

実際こう思ってる支那人、朝鮮人は多いだろうな

34: 名無しさん 2014/04/02(水)14:43:25 ID:2TKPwGCwP
>>33
あぁ、そういう事か
戦犯だけが祀られてると思ってんのかあいつら
靖国の敷地内には兵隊どころか空襲やらで無くなった一般人の碑もあるってーのに

36: 名無しさん 2014/04/02(水)14:56:43 ID:Ts4GHM8o3
>>34
戦犯とされる人達だけ祀るようなキチガイ施設なんてある訳ないだろって思うのが普通だけど
彼らの日本観だと、日本人はそんな事してそうって思い込み(洗脳?)のようなのがあるみたいだね

37: 名無しさん 2014/04/02(水)15:02:37 ID:ctnEd9PvW
まともだ

39: 名無しさん 2014/04/02(水)15:06:24 ID:nCDscekhX
こういう人ご増えてくれれば闇雲な反日は減るだろうな

40: >>37 2014/04/02(水)15:07:25 ID:J072srQYY
■インドネシア 中学校用「社会科学・歴史科 第五分冊」(一九八八年版)
当初、日本軍の到来はインドネシア民族に歓迎された。
インドネシア民族は、長く切望した独立を日本が与えてくれるだろうと期待した。どうしてインドネシア民族は、このような期待を持ったのだろうか。
それは日本がやってきてまもなく、つぎのような宣伝を展開したからである。
?日本民族はインドネシア民族の「兄」である。日本がきた目的は、インドネシア民族を西洋の植民地支配から解放することである。
?日本は「大東亜の共栄」のために開発を実施する。

その実体はどうであったか。
日本時代にインドネシアの民衆は、肉体的にも精神的にも、並はずれた苦痛を体験した。日本は結局独立を与えるどころか、インドネシア民衆を圧迫し、搾取したのだ。
その行いは、強制栽培と強制労働時代のオランダの行為を超える、非人道的なものだった。資源とインドネシア民族の労働力は、日本の戦争のために搾り取られた

41: 名無しさん 2014/04/02(水)15:09:33 ID:9aQATZNEH
支那人の一部は自分達がチョーセンジンの様な
立場に成り下がっている事に既に気が付いたのだ
どうか是以上嫌悪憎悪をしないでくれ、の表れだな

遅い、おまえらは大ヒトモドキだ破綻し瓦解し貧乏になれ
もっともっともっと貧乏になれるのももうすぐだ
日本は助けない

44: 名無しさん 2014/04/02(水)15:35:12 ID:PCQMjd0aG
以前たかじんの番組で客が全員在日中国人で日中問題を色々やった時
靖国はA級戦犯が祀られてるから参拝は反対って大半の客が言ってた
なのに辛坊か誰かがA級とB級、C級の違いを聞いたり
A級がどんな罪か尋ねても誰一人答えられないんだよ
結局あいつら何もわからずに反対言ってるだけ
だからこそ火付け役の朝日の罪は重いと思うわ
あいつらのせいでここまでの外交問題になったんだからな

スポンサーサイト




  • |
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 ▼この記事へのコメント
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    ご訪問あざーっす

    最近LINEスタンプ作りはじめました。よかったら買ってね。
    スタンプ一覧
    Amazon欲しいものリスト
    Powered by RSSリスティング


    メニュー

    2021年 04月 【4件】
    2019年 08月 【1件】
    2017年 11月 【8件】
    2017年 10月 【25件】
    2017年 08月 【3件】
    2017年 07月 【4件】
    2017年 06月 【20件】
    2017年 05月 【4件】
    2017年 04月 【18件】
    2017年 03月 【6件】
    2017年 02月 【10件】
    2017年 01月 【16件】
    2016年 12月 【9件】
    2016年 11月 【13件】
    2016年 10月 【75件】
    2016年 09月 【91件】
    2016年 08月 【7件】
    2016年 07月 【4件】
    2016年 06月 【27件】
    2016年 05月 【54件】
    2016年 04月 【84件】
    2016年 03月 【47件】
    2016年 02月 【30件】
    2016年 01月 【39件】
    2015年 12月 【23件】
    2015年 11月 【70件】
    2015年 10月 【49件】
    2015年 09月 【19件】
    2015年 08月 【15件】
    2015年 07月 【32件】
    2015年 06月 【26件】
    2015年 05月 【85件】
    2015年 04月 【2件】
    2015年 03月 【27件】
    2015年 02月 【8件】
    2015年 01月 【6件】
    2014年 12月 【7件】
    2014年 11月 【2件】
    2014年 10月 【25件】
    2014年 09月 【11件】
    2014年 08月 【41件】
    2014年 07月 【100件】
    2014年 06月 【300件】
    2014年 05月 【281件】
    2014年 04月 【345件】
    2014年 03月 【135件】
    2014年 02月 【25件】
    2014年 01月 【21件】
    2013年 12月 【17件】
    2013年 11月 【23件】
    2013年 10月 【22件】
    2013年 09月 【32件】
    2013年 08月 【39件】
    2013年 07月 【63件】
    2013年 06月 【131件】
    2013年 05月 【70件】
    2013年 04月 【74件】
    2013年 03月 【19件】
    2013年 02月 【27件】
    2013年 01月 【45件】
    2012年 12月 【44件】
    2012年 11月 【87件】
    2012年 10月 【30件】
    2012年 09月 【71件】
    2012年 08月 【39件】
    2012年 07月 【11件】
    2012年 06月 【16件】
    2012年 05月 【18件】
    2012年 04月 【31件】
    2012年 03月 【21件】
    2012年 02月 【51件】
    2012年 01月 【116件】
    2011年 12月 【127件】
    2011年 11月 【104件】
    2011年 10月 【138件】
    2011年 09月 【134件】
    2011年 08月 【150件】
    2011年 07月 【152件】
    2011年 06月 【162件】
    2011年 05月 【171件】
    2011年 04月 【151件】
    2011年 03月 【163件】
    2011年 02月 【131件】
    2011年 01月 【164件】
    2010年 12月 【152件】
    2010年 11月 【151件】
    2010年 10月 【167件】
    2010年 09月 【172件】
    2010年 08月 【167件】
    2010年 07月 【159件】
    2010年 06月 【163件】
    2010年 05月 【180件】
    2010年 04月 【168件】
    2010年 03月 【160件】
    2010年 02月 【164件】
    2010年 01月 【186件】
    2009年 12月 【206件】
    2009年 11月 【187件】
    2009年 10月 【221件】
    2009年 09月 【210件】
    2009年 08月 【232件】
    2009年 07月 【220件】
    2009年 06月 【252件】
    2009年 05月 【308件】
    2009年 04月 【325件】
    2009年 03月 【286件】
    2009年 02月 【253件】
    2009年 01月 【290件】
    2008年 12月 【337件】
    2008年 11月 【300件】
    2008年 10月 【364件】
    2008年 09月 【351件】
    2008年 08月 【243件】
    2008年 07月 【241件】
    2008年 06月 【202件】
    2008年 05月 【214件】
    2008年 04月 【271件】
    2008年 03月 【268件】
    2008年 02月 【295件】
    2008年 01月 【312件】
    2007年 12月 【97件】
    2007年 11月 【92件】
    2007年 10月 【147件】
    2007年 09月 【107件】
    2007年 08月 【112件】
    2007年 07月 【99件】
    2007年 06月 【115件】
    2007年 05月 【117件】
    2007年 04月 【73件】
    2007年 03月 【103件】
    2007年 02月 【73件】
    2007年 01月 【86件】
    2006年 12月 【145件】
    2006年 11月 【121件】
    2006年 10月 【137件】
    2006年 09月 【156件】
    2006年 08月 【249件】
    2006年 07月 【181件】
    2006年 06月 【185件】
    2006年 05月 【209件】
    2006年 04月 【130件】
    2006年 03月 【113件】
    2005年 08月 【1件】
    2000年 01月 【1件】

    最近のコメント
    Rakuten

    人気記事ランキング
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    未設定
    --位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    未設定
    --位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスランキング
    ブログ村
    にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
    twitter はじめました更新情報など
    相互リンク募集中