おぷ2速報

2ch,2chsc,おーぷん2chなどから ネットで話題の気になった記事のまとめ RSS http://janba.blog58.fc2.com/?xml

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • |
  • [ --/--/-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

    【国際】「クジラ裁判」…論理的に破綻していた日本の「調査捕鯨」 



    1: イルカさんだよ◆pWCIGPBR7A 2014/04/07(月)04:27:47 ID:bOS7cOzmc
     我が国が南極海で実施している調査捕鯨について日豪が争った国際裁判で、日本完敗といえる判決が出た。この結果には、
    僕自身も一人の日本人として、一応のショックを感じている。
    (中略)
     問題は「調査捕鯨」という方法が否定されたことだ。同じロジックで照らしあわせれば、今後、その他の地域で行われている
    調査捕鯨も継続できなくなる可能性がある。

     『調査捕鯨敗訴?鯨料理店主「ほんま悔しい」「日本の食文化守りたい」』(産経新聞) 『鯨の街「食文化失う」?調査捕鯨
    中止命令に業界衝撃』(朝日新聞)と新聞は報じているが、たしかに関係者達の失望は察するにあまりある。

    ■日本敗北は絶滅危機が原因ではない 論理的に破綻していた“調査捕鯨”

    写真=鯨肉の刺身盛り合わせ
    no title


     今回の結果が出たのは「調査捕鯨が科学的に行われているとは思えない」と判断されたからだ。前述の朝日新聞の記事のなかで
    小松正之氏は『反捕鯨団体の妨害活動以前から、鯨肉が余るために日本は計画通りの頭数を捕獲しておらず、「調査捕鯨ではない」
    という豪州の主張が通ってしまった』と語っている。

     自ら設定した獲るべき頭数を獲っていないのだから、たしかに研究もなにもない。

     問題点として挙げられたのは他にもある。調査捕鯨では耳骨から鯨の年齢などを調べるほか、胃の内容物を調べて生態系の観察を
    することを目的としているが、そのために日本は『三種類の鯨を捕獲する』としていた。ところが判決では『実際に獲っているのは一種類』
    と指摘された。

     調査捕鯨というのは科学的調査を目的としたものだ。その調査がなされていないのだから「調査捕鯨といって実際には商業捕鯨である」
    という豪州の主張はある意味正しい。それらの指摘に対して日本は有効な反論を持たなかった。

     日本が敗れた理由は鯨がかわいそうだからでも、絶滅危機に瀕しているからでもない。論理的に破綻していたからなのだ。

    (以下略。上記は冒頭部です。全文はソース元でどうぞ)
    ソース(ダイヤモンド・オンライン) http://diamond.jp/articles/-/51220

    引用元: ・【国際】「クジラ裁判」…論理的に破綻していた日本の「調査捕鯨」

    2: 名無しさん 2014/04/07(月)04:43:40 ID:5WFlNhijq
    良いよ、クジラ増え過ぎても日本はもう捕鯨しないから。
    漁獲高が減って来て焦りやがれ!

    27: 名無しさん 2014/04/07(月)10:23:25 ID:rV79Se7l9
    >>2
    そうなるとオーストラリアが捕鯨再開して日本に輸出するから

    3: 名無しさん 2014/04/07(月)04:50:20 ID:jcSHXWbXI
    何故日本は
    「じゃあもうオーストラリアの牛買ってやらねえから」
    の一言が言えないのか?

    4: 名無しさん 2014/04/07(月)04:55:22 ID:5CuW4Tqho
    オージービーフは雑巾のようだね肉雑巾だね

    5: 名無しさん 2014/04/07(月)05:03:26 ID:lkjXbdsmg
    実際問題、鯨による海産資源のバランスの崩壊は起きはじめている

    オーストラリアでも被害は出てるはずなんだけど、日本憎しで自国の漁業を犠牲にするつもりかな?w

    6: 名無しさん 2014/04/07(月)05:10:43 ID:HrYjXWkeV
    なるほど
    これはしかたないな
    オーストラリアにはぐうのねも出ません
    調査捕鯨自体ができなくなったと踏んで、次回からはもう公正明大に商業利用で何頭取りました
    生態系を守るため(くじらの間引き)が必要です
    というような理論武装しないとだめだな

    7: 名無しさん 2014/04/07(月)05:19:26 ID:pGagBtomA
    結局日本も感情論で動いていて裁判に負けたって事か。

    8: 名無しさん 2014/04/07(月)05:24:04 ID:opPYTquBj
    やむを得ず調査捕鯨という形をとっていたのであって
    そこにまで踏み込んできて完全禁止といわれたら
    そうですかそれでは勝手にやりますということになるのでは。

    9: 名無しさん 2014/04/07(月)05:41:37 ID:5ZlfuWylT
    余計な配慮なんかしたって向こうは譲歩する気が最初から無いんだろ?
    だったらもう変な建前なんか言わんと、正々堂々と捕鯨したったらええやん

    10: 名無しさん 2014/04/07(月)05:49:40 ID:dmieFoqhB
    原発にせよ捕鯨にせよ日本人は運営が糞
    どんなシステムも無能な役人どもの利権に成り下がる
    日本人には筋を通す能力が決定的に不足していると言わざるを得ないね

    13: 名無しさん 2014/04/07(月)06:09:07 ID:AnjARpeX1
    んなもん当たり前だ
    外人の顔立ててやっていただけの策なんだから
    ノルウェーやアイスランドと同じように商業捕鯨で押し通すべきだった
    ただしかなり限定されたものになっていたとは思うけど

    14: 名無しさん 2014/04/07(月)06:17:00 ID:FZsj75XMp
    もういいんじゃないの?南極の生態なんか日本に関係無いんだし。オーストラリアで勝手にやってろ。

    15: 名無しさん 2014/04/07(月)06:52:44 ID:wjla6bV5t
    くじらベーコン食べたくなってきた

    16: 名無しさん 2014/04/07(月)06:53:17 ID:eMweV2KPb
    それよりなにより、鯨が増えて他の魚が減ったら困るんだけど

    17: 名無しさん 2014/04/07(月)07:29:43 ID:uNYgbmo7k
    クジラ問題は宗教問題

    本当に解決したいなら裏金で解決するか戦争で勝つかくらいか?

    でも、調査捕鯨そのものが利権を守る団体みたいなイメージがなくもないから、
    個人的には絶対勝ちたかった問題ではない

    19: 名無しさん 2014/04/07(月)07:55:19 ID:NLOueIIJR
    >>17
    どこが宗教問題なんだ?
    世界中で捕鯨してるしキリスト教は食べるの禁止してる物ないぞ
    後つけの適当な解釈鵜呑みにしてるだけだろw

    22: 名無しさん 2014/04/07(月)08:26:31 ID:ysBw6OWOz
    >>19
    みたいなもん、同義として扱うようなもん、
    の意味で言ってんじゃ??
    アスペみたいなリアクションだな

    23: 名無しさん 2014/04/07(月)09:14:26 ID:Zauvge90z
    >>19
    神学を無視して聖書を拾い読みし、新約の黙示録やレビ記とかの旧約律法にこだわる再臨ハルマゲドン待望の根本主義はキリスト教じゃなくて宗教でもない単なる破滅願望だと主張する立場なら、そうとも言えるかな。

    でも、戦争中のホーリネス事件について、「反省」して「謝罪」した今の日本キリスト教団や日本キリスト教協議会はそういう立場じゃないよね。
    クジラ、マグロ、サメは水中のウロコの無い生き物と見なされ易い。

    18: 名無しさん 2014/04/07(月)07:50:47 ID:DDXewAS98
    論理的に破綻しているってギャグかよ…
    安倍がキレたのも無理ないわ

    20: 名無しさん 2014/04/07(月)07:58:13 ID:HYVuJvn0q
    IWCで正式に認められていたものを国際司法が否定するということはIWCの否定に他ならないんだけど
    そこらへんどう考えてるのかな。第一豪州にしたってIWCで主張すべき物を裁判ってIWC軽視そのもの
    だろ。どうにも筋が悪い。
    やはり脱退かな。

    鯨問題は初期から興味持ってたけど、実はベトナム戦争で人道批判されそうになったアメリカが急に
    国連総会で鯨保護をぶちあげたことから始まったってのは意外と知られていない。

    これアメリカの日本スケープゴートの一環なんだよ。

    21: 名無しさん 2014/04/07(月)08:22:03 ID:HYVuJvn0q
    大事なことだからちょっと時系列整理しとく。

    捕鯨禁止が初めて国際的に主張されたのが1972年6月ストックホルムの国連人間環境会議。
    本来日本の公害とベトナム戦争における枯れ葉剤使用などを議題として進んでいたこの会議で突如
    アメリカが「商業捕鯨の10年間全面禁止」を提案し「一頭の鯨守れずして人間を守れるか」の名演説
    で賛成を勝ち取った。IWCは「科学的根拠がない」と全面反対していたがここから徹底的なアメリカ
    のロビー活動で日本は40年間にわたる苦しい戦いを強いられる。

    ちなみにIWCへの異議申し立てや脱退も過去論議されているが、日本が踏み込めなかった一つの理由
    にアメリカが国内法で日本への漁獲割当(サケマス)を懲罰的に減らすという恫喝をかけてきていて
    それに屈したという部分がある。
    今回オバマがどうふるまうかは判らんが、同じように日本たたきしてくる可能性はないでもない。

    こんなこと書いてると日米離間みたいだけど、鯨問題に関しては間違いなくアメリカは敵。

    25: 名無しさん 2014/04/07(月)09:15:32 ID:7migyl4og
    >>21
    別に突如でもないよ、当時は欧米で捕鯨の規制を強めていってた時代だし、
    ナガスクジラなんかを中心に本当に鯨の数が激減していた。ナガスは今も少ないが。
    日本がこの鯨激減に大きく関わっていたのも事実で、欧米と違って肉の一片まで
    有り難くいただいていたというのも嘘だったりする。

    24: 名無しさん 2014/04/07(月)09:15:26 ID:YMhR4nktz
    そもそもの鯨云々ってのが論理的に破綻してる

    26: 名無しさん 2014/04/07(月)10:20:05 ID:fX5Mw1CoC
    向こうの人に鯨とるなだの、
    日本人は未開だの言われるから腹立つけど、
    じゃあ好んで鯨食うかと言われたら食わないしなぁ。

    28: 名無しさん 2014/04/07(月)10:25:44 ID:RzbhO54Ft
    俺が住んでる所捕鯨基地なんだけど、水揚げたての鯨美味しんだよな。
    もう食べられなくなるのかな…

    29: 名無しさん 2014/04/07(月)10:28:47 ID:BPwyP3BOP
    めんどくせえからIWC脱退しよう
    日本近海に来た鯨イルカは生かして返さなくても問題ないだろ
    食う分だけ獲ればいい

    30: 名無しさん 2014/04/07(月)10:29:35 ID:nK3rfJIs6
    クジラ様イルカ様な連中には話は通じないな
    彼らはオーストラリア国内でカンガルーが何百万頭殺傷されてもなんとも思わないようだが

    32: 名無しさん 2014/04/07(月)10:54:40 ID:aCiM901QL
    調査捕鯨の敗訴は民主党も深く関係
     
    >>1
    ちなみに、調査捕鯨の裁判提訴されたのは民主党政権時の2010年5月31日。
    だからオーストラリアを提訴に踏み切らせてしまった外交姿勢や、
    裁判準備に関与していた民主党政権にもしっかり責任がある。
     
     

    33: 名無しさん 2014/04/07(月)11:28:52 ID:4PxoKqniB
    刺身食べてみたいな

    34: 名無しさん 2014/04/07(月)19:02:10 ID:C7CpOgm1R
    唐揚げ食ってみたいっス

    11: 田中 2014/04/07(月)05:55:37 ID:zKj4zJ6ig
    ほげー

    12: 名無しさん 2014/04/07(月)06:06:08 ID:lfMSYrJry
    ほげいな事言われてもウチよう知らんわ

    スポンサーサイト

  • |
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 ▼この記事へのコメント
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    ご訪問あざーっす

    最近LINEスタンプ作りはじめました。よかったら買ってね。
    スタンプ一覧
    Amazon欲しいものリスト
    Powered by RSSリスティング


    メニュー

    2017年 08月 【3件】
    2017年 07月 【4件】
    2017年 06月 【20件】
    2017年 05月 【4件】
    2017年 04月 【18件】
    2017年 03月 【6件】
    2017年 02月 【10件】
    2017年 01月 【16件】
    2016年 12月 【9件】
    2016年 11月 【13件】
    2016年 10月 【75件】
    2016年 09月 【91件】
    2016年 08月 【7件】
    2016年 07月 【4件】
    2016年 06月 【27件】
    2016年 05月 【54件】
    2016年 04月 【84件】
    2016年 03月 【47件】
    2016年 02月 【30件】
    2016年 01月 【39件】
    2015年 12月 【23件】
    2015年 11月 【70件】
    2015年 10月 【49件】
    2015年 09月 【19件】
    2015年 08月 【15件】
    2015年 07月 【32件】
    2015年 06月 【26件】
    2015年 05月 【85件】
    2015年 04月 【2件】
    2015年 03月 【27件】
    2015年 02月 【8件】
    2015年 01月 【6件】
    2014年 12月 【7件】
    2014年 11月 【2件】
    2014年 10月 【25件】
    2014年 09月 【11件】
    2014年 08月 【41件】
    2014年 07月 【100件】
    2014年 06月 【300件】
    2014年 05月 【281件】
    2014年 04月 【345件】
    2014年 03月 【135件】
    2014年 02月 【25件】
    2014年 01月 【21件】
    2013年 12月 【17件】
    2013年 11月 【23件】
    2013年 10月 【22件】
    2013年 09月 【32件】
    2013年 08月 【39件】
    2013年 07月 【63件】
    2013年 06月 【131件】
    2013年 05月 【70件】
    2013年 04月 【74件】
    2013年 03月 【19件】
    2013年 02月 【27件】
    2013年 01月 【45件】
    2012年 12月 【44件】
    2012年 11月 【87件】
    2012年 10月 【30件】
    2012年 09月 【71件】
    2012年 08月 【39件】
    2012年 07月 【11件】
    2012年 06月 【16件】
    2012年 05月 【18件】
    2012年 04月 【31件】
    2012年 03月 【21件】
    2012年 02月 【51件】
    2012年 01月 【116件】
    2011年 12月 【127件】
    2011年 11月 【104件】
    2011年 10月 【138件】
    2011年 09月 【134件】
    2011年 08月 【150件】
    2011年 07月 【152件】
    2011年 06月 【162件】
    2011年 05月 【171件】
    2011年 04月 【151件】
    2011年 03月 【163件】
    2011年 02月 【131件】
    2011年 01月 【164件】
    2010年 12月 【152件】
    2010年 11月 【151件】
    2010年 10月 【167件】
    2010年 09月 【172件】
    2010年 08月 【167件】
    2010年 07月 【159件】
    2010年 06月 【163件】
    2010年 05月 【180件】
    2010年 04月 【168件】
    2010年 03月 【160件】
    2010年 02月 【164件】
    2010年 01月 【186件】
    2009年 12月 【206件】
    2009年 11月 【187件】
    2009年 10月 【221件】
    2009年 09月 【210件】
    2009年 08月 【232件】
    2009年 07月 【220件】
    2009年 06月 【252件】
    2009年 05月 【308件】
    2009年 04月 【325件】
    2009年 03月 【286件】
    2009年 02月 【253件】
    2009年 01月 【290件】
    2008年 12月 【337件】
    2008年 11月 【300件】
    2008年 10月 【364件】
    2008年 09月 【351件】
    2008年 08月 【243件】
    2008年 07月 【241件】
    2008年 06月 【202件】
    2008年 05月 【214件】
    2008年 04月 【271件】
    2008年 03月 【268件】
    2008年 02月 【295件】
    2008年 01月 【312件】
    2007年 12月 【97件】
    2007年 11月 【92件】
    2007年 10月 【147件】
    2007年 09月 【107件】
    2007年 08月 【112件】
    2007年 07月 【99件】
    2007年 06月 【115件】
    2007年 05月 【117件】
    2007年 04月 【73件】
    2007年 03月 【103件】
    2007年 02月 【73件】
    2007年 01月 【86件】
    2006年 12月 【145件】
    2006年 11月 【121件】
    2006年 10月 【137件】
    2006年 09月 【156件】
    2006年 08月 【249件】
    2006年 07月 【181件】
    2006年 06月 【185件】
    2006年 05月 【209件】
    2006年 04月 【130件】
    2006年 03月 【113件】
    2005年 08月 【1件】
    2000年 01月 【1件】

    最近のコメント
    Rakuten

    人気記事ランキング
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    お笑い
    1位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    1位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスランキング
    ブログ村
    にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
    twitter はじめました更新情報など
    相互リンク募集中


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。