おぷ2速報

2ch,2chsc,おーぷん2chなどから ネットで話題の気になった記事のまとめ RSS http://janba.blog58.fc2.com/?xml

三浦カズ コピペ集   -W杯代表関与はガセ、親善大使-  

【改変ありあり】



10: ボマイェ(静岡県)@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 11:26:16.03 ID:whnVOxBZ0.net
カズコピペスレw
もっとくれ

18: 河津掛け(catv?)@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 11:28:11.56 ID:yyjGUyqZ0.net
http://www.sanspo.com/soccer/news/20140605/jpn14060509290016-n1.html
カズ、W杯親善大使でブラジル入り!代表との関わりは完全否定

サンスポと報知、どっちを信じるか難しいところだなw

21: 足4の字固め(WiMAX)@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 11:28:36.53 ID:JliKCHkN0.net
実況 NHK:山本浩

彼ほど悔しい思いをしたサッカー選手がいたでしょうか
彼ほど非難の的になったサッカー選手がいたでしょうか

自分の力ではどうにもならない悲しさ、
異国の地で孤独に押しつぶされそうになった夜
彼はそれらを全て前に進むためのエネルギーにしてきました。

今、彼ほど日本中から愛されている男はいません。
そして、彼ほどサッカーを愛している男はいないでしょう。

彼は1人ではありません。
彼が胸の前で握りしめている拳の中には我々の魂が握られています。

キングの称号を持つ男が、今ピッチの中へ走り出していきました。

三浦知良、ワールドカップ、デビュー戦です。

101: ジャンピングパワーボム(四国地方)@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 12:07:45.42 ID:qjp/DOsi0.net
>>94

2038年 ワールドカップフランス大会

日本の初戦は奇しくも40年前のフランス大会でも戦ったアルゼンチン 。
試合前日、競技場の碧の芝、その真ん中に一人の老人が立っている。
時間は既に夜半過ぎ、当然立ち入りは禁止されている。 それに気がついた警備員が、あわててその老人の下に駆け寄る。

警「コラ、ここは関係者以外立ち入り禁止だぞ」
老人「申し訳ない。私は日本代表の監督だ。迷惑かけたね、今すぐ出て行くよ。」
警「あ、監督さんでしたか、いったいなぜこんなところに?」
老人「イヤ、ちょっと忘れ物を取りにね」
警「忘れ物?それならばスタッフにすぐ探させます。いったい何をお忘れに?」
老人「いいんだ、もう見つけたから」

そう言って老人は去っていった。右手を左胸に当て不敵な笑みを浮かべながら

51: ナガタロックII(関東・甲信越)@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 11:37:07.66 ID:B8RYWkikO.net
遠藤「カズさん!やりましたベスト4です!」
カズ「ああ……」
長友「カズさん!?どうしたんですか!?」
カズ「幸せだ…こんないい日は無い…」
本田「カズ!!!」
カズ「……」
長谷部「一場!早くドクターを呼んでこい!」
一場「お、俺!?」

医者「……亡くなってます。それも…1時間前に」
岡崎「1時間前!?そんなはずない!」
柿谷「終了間際までアップしてたんですよ!」
医者「しかし…間違いない…」
川島「どういうことだ…」
ドミンゴ「くれたのさ。サッカーの神様が。そう、人生のロスタイムをね」
長友「そんな事より早く監督を控え室へ!3年間は監督の死を気取られるな!!」

65: オリンピック予選スラム(長崎県)@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 11:41:35.39 ID:aMGuAVkL0.net
2038年 ワールドカップフランス大会

日本の初戦は奇しくも40年前のフランス大会でも戦ったアルゼンチン 。試合前日、競技場の碧 の芝、その真ん中に一人の老人が立っている。

時間は既に夜半過ぎ、当然立ち入りは禁止されている。 それに気がついた警備員が、あわてて その老人の下に駆け寄る。

警「コラ、ここは関係者以外立ち入り禁止だぞ」 老人「申し訳ない。私は日本代表の監督だ。迷惑かけたね、今すぐ出て行くよ。」

警「あ、監督さんでしたか、いったいなぜこんなところに?」 老人「イヤ、ちょっと忘れ物を取りにね」

警「忘れ物?それならばスタッフにすぐ探させます。いったい何をお忘れに?」 老人「いいんだ、もう見つけたから」

そう言って老人は去っていった。右手を左胸に当て不敵な笑みを浮かべながら。

100: かかと落とし(catv?)@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 12:07:26.09 ID:j1qn+E0t0.net
ブラジルのサッカー選手を夢見る孤児たちを育てる団体に、カズは200個のサッカーボールを送った。

しばらくして、Jリーグが同団体にボールを寄付することに。
少年達は喜んだが、渡されたボールを見て
「これじゃなくて、メーカーは『カズ』が良かった」
と言う。

「そんなメーカーあった?」

子供達に手渡されたボロボロのボールを見てエージェントは驚いた。

かすれているがボールにははっきりと 「夢をあきらめるな カズ」と、現地の言葉で記した跡があった。

200個のボール全てに、カズは自筆のメッセージとサインを入れ、それを子供達は「カズ」というメーカーのボールであると思い込んでいた。

117: ローリングソバット(庭)@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 12:17:49.10 ID:OrA4s7CQ0.net
キングカズは神だと思っている。
7年ほど前の正月休みに両親と静岡市のカズ実家(もんじゃ焼き屋)に
食べに行った時の話。
両親と3人で鉄板を囲んで食事をしているといきなりキングカズが
玄関から入ってきた。もんじゃ焼き屋に似合わないイタリアンないでたちで。
カズが「俺いつもの~」と言って二階へ上がろうとすると、
店内にいた高校生集団が「カズさん!」「カズさんかっけー!」などと
騒ぎ出し、カズが戻ってきてくれて即席サイン会になった。
店内に13,4人ほど居合わせた客全員に店内にあった色紙を使い
サインをしてくれた。
高校生達がカズの母校静岡学園のサッカー部だとわかったカズは
いい笑顔で会話を交わしていた。
そしてカズは「またな~」と二階に上がっていき、店内は静かになった。
私と両親はカズの気さくさとかっこよさに興奮しつつ
食事を終え、会計を済ませようとレジに向かうと、店員さん(カズ妹)が
階段の上を指差しながら
「今日のお客さんの分は出してくれましたから。また来てくださいね」と。
あれには本当にびっくりした。

164: カーフブランディング(庭)@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 12:53:18.28 ID:tjqfrno00.net
http://www.sanspo.com/soccer/news/20140605/jpn14060509290016-n1.html
カズ、W杯親善大使でブラジル入り!

代表との関わりは完全否定



原がスタッフ入り否定してるじゃん
イベントの親善大使するだけ


フットサルのときもそうだが、横浜FCはリーグ戦の最中なのにクラブ外の活動を優先するなんて、同じチームの人間からしたら白けるな
そういうことも考えられないオッサン…

168: ラダームーンサルト(チベット自治区)@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 12:54:45.84 ID:eZ/S9T2S0.net
>>164
なんか涙が出た

174: 男色ドライバー(チベット自治区)@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 13:00:42.95 ID:XnN+dNfc0.net
カズは里帰りするたびに、実家の近所の老夫婦がやってる紳士服店でスーツを仕立ててるらしい。
どんなイタリア製のスーツよりもいい着心地だとか。
子供の頃よく老夫婦にアメ玉をもらっていたというカズいわく
「もらったアメ玉と同じだけの数、同じ だけの色のスーツを仕立てるつもり。
俺がサッカーを続ける限りね。だって世話になったんだもの。」

266: ボ ラギノール(東京都)@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 14:51:57.10 ID:FqQLDIgX0.net
カズは小さい頃、家の事情でばあちゃんに預けられていた。当初、見知らぬ土地に来て間もなく当然友達もいない。いつしかカズはノートに、自分が考えたすごろくを書くのに夢中になっていた。それをカズはばあちゃんに見せては、

「ここでモンスターが出るんだよ」
「ここに止まったら三回休み~」

カズのばあちゃんはニコニコしながら、「ほうそうかい、そいつはすごいねぇ」と相づちを打っていた。カズはそれが何故かすごく嬉しくて、何冊も何冊も書いていた。やがてカズにも友達が出き、
そんなこともせず友達と遊びまくってたころ家の事情が解決され、カズは家に戻った。ばあちゃんは別れる時もニコニコしていて、「おかあさんと一緒に暮らせるようになってよかったねぇ」と喜んでいた。

十数年前、カズのばあちゃんは死んだ。89歳の大往生だった。遺品を整理していた母からカズは、「あんたに」と一冊のノートをもらった。開いてみると、そこにはカズのばあちゃんが作ったすごろくが書かれてあった。
モンスターの絵らしき物が書かれていたり、何故かぬらりひょんとか妖怪も混じっていたり。

カズは「ばあちゃん、よく作ったな」とちょっと苦笑していた。カズは最後のあがりのページを見た。「あがり」と達筆な字で書かれていた、その下に

「知良くんがワールドカップに行けますように」

カズは人前で初めて泣いた。

276: チキンウィングフェースロック(埼玉県)@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 15:01:41.93 ID:dF83o4Jq0.net
「サッカーボールはボクの命だ!(14歳)」
「プロのサッカー選手になる!ブラジルで!(15歳)
「将来は全日本。日本のためにサッカーをしていきたいと思います(18歳)」
「サッカーでスーパースターになりますから(19歳)」
「日本をワールドカップに連れて行く(23歳)」
「国立を満員にしてみせる(23歳)」
「1億円プレイヤーになってやる!(24歳)」
「足に魂込めました(26歳)」
「バモラ!(27歳)」
「W杯に行くために(イタリアから)何かをつかんで帰って来たい(27歳)」
「日本代表としての誇り、魂は向こうに置いて来た(32歳)」
「自分の中のチャンピオンベルトを取り戻したい(33歳)」
「まだまだこれからだよ(35歳)」
「サッカー以外の全ての面でもニックネーム(KING)に相応しくありたい(36歳)」
「ドイツでお会いしましょう(38歳)」
「サッカーは世界中でやってるんだぜ(38歳)」
「大好きだ神戸、ありがとう!(38歳)」
「今度の舞台は関東だな(38歳)」
「全盛期?これからだよ(38歳)」
「30は小僧だね(38歳)」
「(現役を)還暦までやりましょう(38歳)」
「2010年、それじゃあね(39歳)」

286: チキンウィングフェースロック(埼玉県)@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 15:14:15.14 ID:dF83o4Jq0.net
とある小児病棟に慰問に行ったカズ
普段湿りがちな病院の子供達や看護婦達に大歓迎を受け、リフティングやらを披露して大歓声を受けている
ふとした拍子にカズがあきらかにその輪に加わらないスキンヘッドの女の子を見つけた
カズはその子に話しかけたがサッカーに興味が無いと言い残し車椅子で病室に去って行ってしまった

看護婦に聞くとその子は白血病で抗ガン剤の副作用から髪の毛や眉毛が抜け落ちて、それから誰にも心を開かなくなったのだと言う、しかしカズは見逃さなかった
その子が去ってゆくとき小さな紙切れのようなものを落として行くのを
カズがその紙切れを見るとこう書いてあった
「試合いつもテレビで見ています頑張ってください」
カズは看護婦に一枚の色紙を託した、そこにはこう書いてあった

「絶対に何があってもあきらめない」

次の試合、チームメイトやサポーターから大爆笑や野次がおこっていた
新聞記者はこぞってこう書いた「キングご乱心」そこには丸刈りでピッチに立つカズの姿があったのだ


no title

引用元: ・【速報】三浦カズをW杯日本代表が緊急招集



130: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 09:45:18.48 ID:uOCOQlKh0.net

>>39
ほれ


カズさん、覚えていますか?俺たちがスイスで帰らされたとき、カズさんはこう言いましたね。
 
「キーチャン、ワールドカップに一番近付いた男は俺とお前しかいねえんだぞ。
ワールドカップに行ったのが22人いるだろう、 ドーハではギリギリで22人が行けなかった。
ドーハが最も近付いたって言われてるのに、それよりももっと近付いたんだぞ、ワールドカップに。
…でも、行けなかったのは俺とお前だけだ。」

カズさん、俺は言いましたね。
「カズさんが外されるようなことがあれば、俺は帰りますよ。」って。
あれ、本気だったんですよカズさん。

あれから、俺は引退して、今はリポーターをやってます。カズさん。
『北澤さん!今のピッチを説明して下さい!…北澤さん?北澤さん?』
 
カズさん、俺、見えません。
ずっとずっと、この光景を待ち望んでいたはずなのに、見えません、カズさん。
涙が、涙が止まらないんですよ、カズさん。

『北澤さん!背番号11、今カズがピッチに飛び出しました!北澤さん!北澤さん…!?』

カズさん、そこがワールドカップです。俺たちが、ずっとずっと夢見た。


149: その2@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 09:46:14.56 ID:uOCOQlKh0.net

2002年W杯の日本vsベルギー戦の直前まで、
彼は一人黙々とグラウンドで練習を続けてコンディションを整えていた。
ある記者が彼にその理由を尋ねると、 彼は

「試合直前だけど試合が始まるまでは何が起こるかわからないよね。
もしかしたら集団食中毒が起こるかもしれないし、 代表に選ばれたFWが怪我するかもしれない。
そして、もしかしたら誰かの代わりに自分が選ばれるかもしれない。
もし、そうなって自分が日本代表に選ばれた時、 恥ずかしいコンディションでピッチの上に立つなんてことは、自分には絶対にできない。
日本代表というのはそういうものじゃないんだ。後悔は絶対に残したくないんだ。」と答えた。

あれから12年たった2014年5月12日、今日も彼はグラウンドを走り続けている。 ある確信を胸に。


実況 NHK:山本浩

彼ほど悔しい思いをしたサッカー選手がいたでしょうか
彼ほど非難の的になったサッカー選手がいたでしょうか

自分の力ではどうにもならない悲しさ、
異国の地で孤独に押しつぶされそうになった夜
彼はそれらを全て前に進むためのエネルギーにしてきました。
今、彼ほど日本中から愛されている男はいません。
そして、彼ほどサッカーを愛している男はいないでしょう。

彼は1人ではありません。
彼が胸の前で握りしめている拳の中には我々の魂が握られています。
キングの称号を持つ男が、今ピッチの中へ走り出していきました。

三浦知良、ワールドカップ、デビュー戦です!!

その年の6月、彼は伝説となった。「KING」の名とともに・・・


796: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 10:49:48.71 ID:vFQqscwx0.net

ブラジルのサッカー選手を夢見る孤児たちを育てる団体に、カズがサッカーボールを送ったことがあった。それも、200個ものボールを。子供たちは、とても喜んだ。

しばらくして、やはりJリーグが同団体にボールを寄付することになった。エージェントが現地へ赴き、少年たちにボールを渡す。
少年たちはやはり喜んだが、渡されたアディダスのボールを見て「アディダスではなくて、メーカーは『カズ』が良かった。」「『カズ』のボールはとても使いやすかった」と口々に言う。

Jリーグのエージェントは首をひねった。カズ?そんなメーカーがあっただろうか。「これだ」と、手渡されたボロボロのボールを見てエージェントは驚いた。すでにかすれてしまっているものの、ボールにははっきりとサインペンで

「夢をあきらめるな カズ」

と、現地の言葉で記した跡があった。200個ものボール全てにカズは自筆のメッセージとサインを入れ、それを子供たちは「カズ」というメーカーのボールであると思い込んでいたのだ。


1005: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 11:18:44.88 ID:kLrd4gvi0.net

15歳でマラカナンを観たカズ

「日本のために頑張って来る。」
「夢は語ったほうがいい。言わなきゃ、何も始まらない。」
「僕の夢は日本をワールドカップに連れてゆくことです。」

今の代表にリスペクトされまくるカズ

「先輩方や自分たちが積み重ねてきたものがあって、今がある。」
「今が素晴らしければ素晴らしいほど、過去の苦労の価値は高まっていく。」


引用元: ・【サッカー/ブラジルW杯】カズ、ザックジャパンに緊急招集!



234: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 11:54:43.00 ID:kBayATBU0.net

NHK 「W杯の親善大使で三浦選手をブラジル派遣検討」

スポニチ「カズがW杯親善大使へ 激励イベントなどで“日本の顔”に」

日刊 「カズがW杯親善大使へ」

時事 「カズ、W杯でイベント参加へ」

報知 「カズ、W杯緊急招集!特別スタッフとしてブラジルへ」


報知わざと勘違いさせようとしたな


761: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 15:26:51.74 ID:g8HS5swT0.net

分娩室前にいる。
俺の子どもが、初めての子どもが生まれようとしている。
妻のそばにいてやりたいが、出産に立ち会う勇気がない・・・
長椅子に腰掛け、床をみつめたり天井を見上げたり。体が震えている。

そこに通りかかった老医師が落ち着かない俺の様子をみてこう言った。

「バモラ!」

老医師の横にいた看護婦が俺にささやく。
「ポルトガルの言葉で『行け!』という意味ですよ。さぁ、奥さんの元へ・・・」

俺はすっくと立ち上がり、「オーレ!!」と叫んだ。
そしてカズダンスをしながら妻のいる分娩室へと突進した。
俺の目に最初に入ったのは看護婦に抱かれる赤ん坊の姿だった。

ついに俺は父親になった。


762: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 15:27:55.03 ID:g8HS5swT0.net

嫁に行った娘の部屋。
窓の向こうには庭に植えてあるヒマワリが咲いている。

「ああ、このヒマワリ、娘が小学生のころに植えたやつだな・・・」

娘が小さかったころの思い出に浸る父親。
うっすらと涙を浮かべてカズダンス。
突き上げた指には蚊がとまっていた。


766: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 15:32:00.53 ID:g8HS5swT0.net

場所はホテルのバー。
彼女の頬がほんのりと赤く染まる。
今夜は絶対に帰さない。
そう言いたいけれど言葉が出てこないんだ。
そんな時はカズダンス。
最後に突き上げた右手には部屋のキーが。
ちょっとうつむいた彼女がこっくりと頷く。
今夜はベッドの上で二人でカズダンス。


769: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 15:33:54.86 ID:g8HS5swT0.net

「もう、行くね。」
「うん。元気でな・・・」
「ドラマみたいに追いかけないでよ~」
「バカ、そんなことするわけないだろ。」
「それじゃ・・・ メール、送るから。」
「うん・・・ じゃあな・・・」

発車ベルが鳴り、ドアが閉まった。
ドアガラス越しに見つめあう二人。女は涙をこらえ、男は拳を握りしめた。
列車は走り出し、男も一呼吸遅れて走り出した。
ドアの向こうの女の口が開いた。「バカ」と・・・

ホームの端で男はカズダンスを始めた。
列車が見えなくなるまで踊り続けた。
この別れが、愛の終わりと知りながら。


768: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 15:32:57.33 ID:ir29CT5RO.net

「サッカーボールはボクの命だ!(14歳)」
「プロのサッカー選手になる!ブラジルで!」(15歳)
「ブラジルでプロ選手になって、いつかW杯に出たい」(16歳)
「1%あるんですね?じゃあ僕はその1%を信じます」
(高校の監督にブラジル留学を「人間100%はないが お前は99%無理だ」と言われ)
「将来は全日本。日本のためにサッカーをしていきたいと思います」(18歳)
「サッカーでスーパースターになりますから」(19歳)
「僕の夢は日本をワールドカップに連れて行くこと」(23歳)
「国立を満員にしてみせる(23歳)」
「日本代表をW杯に出場させるために帰ってきました」
(1990年読売サッカークラブと契約し帰国した時の会見)
「1億円プレイヤーになってやる!(24歳)」
「それじゃ、見ててください。僕が日本を変えてみせます!」
(帰国時日本にはプロが無いとネガティブな発言をする周囲の人間に対して)
「W杯に行くために(イタリアから)何かをつかんで帰って来たい(27歳)」
「日本代表としての誇り、魂は向こうに置いて来た(32歳)」
「自分の中のチャンピオンベルトを取り戻したい(33歳)」
「成功した時にスポーツ紙の一面になるのは普通の選手。失敗した時にスポーツ紙の一面になる選手は限られている。一面で失敗を取り上げられ叩かれることに誇りを持てばいい」
(1998年柔道の田亮子選手がイチロー選手との対談で「KAZUさんに言われたこの話を思い出すと心強くなる」と語った)
「日本代表としての誇り、魂みたいなものは向こう(フランス)に置いてきた」
「……次の保証なんか、オレたちにはないんだ!」
(代表用具係りの人にユニフォームを次ぎ来た時渡すと言われ)
「まだまだこれからだよ(35歳)」
「サッカー以外の全ての面でもニックネーム(KING)に相応しくありたい(36歳)」
「ドイツでお会いしましょう」(2006年ドイツW杯への出場が決まった時に)
「ジーコ一度でいいから(代表に)呼んでくれねぇかな」


771: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 15:34:51.88 ID:ir29CT5RO.net

「これで皆、オレが引退すると思っているのかな?サッカーは世界中でやっているんだぜ」
(神戸在籍時の2005年7月に5戦続けてベンチを外れた時に)
「全盛期?これからだよ(38歳)」
「30は小僧だね(38歳)」
「10年後か、まだまだ現役をやっていたいね」
「自分にとってプロとして必要とされるということが一番大事。自分を本気で必要としてくれて、プロとして条件を満たすのなら考える。」
「日本も世界なんですよ」
(記者の「日本は世界を相手に戦えますか?」との質問に対して)
「…サッカーが好きなんですね」
(ビストロスマップ出演時にSMAP中居に「(ブラジル時代、W杯メンバー落ちで)よく腐らないですね?」と聞かれ)
「みんながまとまると強くなること…。超一流が集まって真剣にやった集中力は一つの芸術だと思う」
(野球WBC優勝について)
「おう、サッカー少年、頑張ってるな!サッカーって楽しいだろ?いつか同じピッチでサッカーやろうな!」
(道端のサッカー少年をコーチして。)
「14年のブラジルW杯は、
日本人の誰にでも出場できる権利がある。高校生にも大学生にも、46歳の僕に
あっても間違いじゃない。毎日を全力で過ごしながら日本代表を目指していきたい」(46歳)


789: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 15:42:47.28 ID:g8HS5swT0.net

カズ『マスター…ウォッカをロックで』
マス『…およしになったほうが…』
カズ『いいんだ。今夜は飲みたい気分なんだ』

カズの言葉をきき無言でカズダンズを始めるマスター。
華麗に舞いながら右手を激しく激しくシェイクする。
誇り高く上げられた右手からグラスに注がれるカクテル。

マス『ウォッカを使った当店オリジナルカクテル、皇帝の舞でございます。
   これは私のサービスです、お代はいただきません。』
カズ『…すまない、マスター』

皇帝の舞を一気に飲みほすキングカズ。

カズ『…くぅ~……!!!』

目にうっすら涙を浮かべながら仕事を淡々と続けるマスター。
マスターの人生にも数え切れない出会いと別れがあったのだろう。
男たちの思いが哀しくも強く交じり合う、桜も散り始めた春の夜の出来事だった


790: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 15:43:36.30 ID:g8HS5swT0.net

誰もいない放課後の教室。

あの子がふらっと入って来た。

「もう…卒業だよ…ね」

僕に背を向けたまま、彼女が呟く。

「…うん…」

「私ね、ずっと言いたかった事があるの」

急に振り向いて、笑いながら言う彼女。ポニーテールが揺れる。

「一度しか、言わないよ?」

僕のほうに歩いてきた彼女が、上目遣いで覗き込み、一瞬で逸らす。

「ずっと…ずっと好き…でした…カズダンスが…」

「俺もだよ!ずっとずっと、誰よりも好きだったんだ!」

晩冬の夕日が校舎を照らして、映し出すのは二人の影。

もうあの頃には戻れないけど、その瞬間確かに僕はそこにいた。

今はもう思い出となった、カズダンスと共に。

【完】


793: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 15:44:47.03 ID:g8HS5swT0.net

今日は新宿でメル友と待ち合わせ
俺はオキニのプーマのスパイクにプーマのスエット
始めて会うあの子のために、ちょっとだけ気合を入れてみたんだ
待ち合わせの時刻になると携帯からサンバの着メロがとどろき渡った

女「もしもし 今どこにいるの?」
男「ここだよ ここ」
女「わからない 手を上げてみて」
男「こうかな」
女「わかった 今行くから」
男「OK!待ってるよ」

それから1時間、彼女が来ることは二度とふたたび無かった
誰が悪いわけでもない 少しだけ全盛期がくるのが早過ぎただけさ

そんなときはカズダンス

アルタ前でカズダンス

歌舞伎町でカズダンス

マイシティでカズダンス

にっこりと笑った目の端には 涙が少しだけ滲んでいた


795: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 15:46:00.61 ID:g8HS5swT0.net

ある場末のカウンターバー。

今夜も女が独り、グラスを傾けている。

その瞳には涙、薬指のリングを今、外した。

「!!」

女がふと顔を上げてみると、寡黙なマスターが額に汗してカズダンス。

その視線は女の顔を捉えたまま。

響き渡るステップ。零れ落ちる涙…

「何で?…何で私なんかの為に…」

荒い息を吐きながらも恍惚の表情でポーズを決めるマスターに、女は言った。

額の汗を拭うマスターは、もういつもの彼に戻っている。

「…あちらのお客様からです…」

マスターが指した先には、カズが微笑んでいた。


796: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 15:47:30.26 ID:g8HS5swT0.net

今日は卒業式。
三年間ずっと片思いしてた彼ともお別れ。
第二ボタン、もちろんすごく欲しいけどライバルも沢山いるし、私になんて絶対にムリ。
今日限り会えなくなるのにこんな自分が情けなくなる。
式が終ったあとカレは沢山の女の子から囲まれてる。やっぱり私なんかダメだ…
『ほら!早く行きな!!』
どんと背中を押される。びっくりして振り返るとにやにや笑う女友達が。
目の前に憧れのカレ。顔が真っ赤になるのが自分でもわかる、恥ずかしい…
「あの…あの……」
言葉がのどにつまって出てこない。こんな時でも引っ込み思案な私、心底イヤになる。
でも後悔したくない。私踊る。
ちょっと激しくカズダンス。両手をぐるぐる回すモーションもちょっと大きめに。
キメポーズのふりしてカレの第二ボタンをむしり取る。
今日くらいはちょっとくらい積極的になってもいいよね。
呆然とするカレを残して走り去る。
さようなら、二度と会うことのない初恋の人。素敵な思い出をありがとう。


797: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 15:47:41.85 ID:1Nimdt5f0.net

カズ、W杯親善大使でブラジル入り! 代表との関わりは完全否定


http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140605-00000515-sanspo-socc

はい解散ーっ 誰だデマニュース流したのはっ!


799: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 15:48:55.00 ID:kNjBF/FK0.net

ガセじゃねーか

マスゴミしね


800: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 15:49:01.42 ID:g8HS5swT0.net

ケンカばかりしていたパパとママが、ついに離婚届にハンコを押した。
家族3人で過ごすのも、今日で最後……。

そんな時にはカズダンス。
涙をこらえてカズダンス。
私がまだ子供だった頃、お遊技会で踊ったカズダンスを
パパとママが誉めてくれたから。
家族の思い出、カズダンス。

最後に突き上げた指先を見て、パパがママにつぶやいた。
「もう一度やりなおしてみるか」
コクリと頷くママの目には、涙が光っていた。


804: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 15:50:32.18 ID:g8HS5swT0.net

「ひょっとしたら息子さんは自分の足で立つことは出来ないかもしれません」

医者の宣告から半年。
2歳半になった息子の雄太は成長も遅く、まだつかまり立ちすら出来ないでいる。
TVではJリーグ元年から今までの歴史を振り返っているが、妙子の耳には何も入ってこない。
どうしてウチの息子が?出来ることなら自分が代わってあげたい。何度もそう思った。
夫とも話し合って、三人で助け合って生きていこう、ってそう決めたのに。
いつまで経っても前向きになれない自分に心底嫌気がさす。
『あー!あーー!!』
寝かしつけたはずの息子の声でふと振り返る。
・・・雄太?
そこにはぎこちないながらもしっかりと自分の足で立つ息子の姿が。
まだ足元も覚束ない。両手をぐるぐる回すようにしてバランスを取りながら一生懸命歩いてこようとする。
急いで電話を取り残業で遅くまで仕事をしている夫に電話を入れる妙子。
「あなた!雄太がっ…!雄太がっ…」
泣き崩れ、言葉にならない母の後ろで、笑顔で斜め上をしっかりと指差す息子。
指差した先にあった小さなTVの中では全盛期のカズが華麗にステップを踏んでいた…


809: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 15:53:40.27 ID:g8HS5swT0.net

東京都品川区、山手通りと第一京浜の交差する北品川2丁目交差点。
交通の要所であるここは、終日大渋滞することで良く知られる「渋滞の名所」である。
しかし、ここにはもう一つの名物が有る。

毎朝ここで交通整理をする三浦 知良さん(37)は、「踊る交通整理員」として地元ドライバーに愛される存在だ。
ブラジル仕込みの軽やかなステップと共に手足を大きく振りかざし、車を停車、誘導。
そして、右手を掲げ、「バモラ!」の一声で再び車が流れ出す。

しかし、なぜ彼は踊りながら交通整理をするのだろうか?
「毎朝渋滞でみんなイライラするでしょう?そんな気持ちを少しでも和ませられると良いな、って。
僕が留学していたブラジルでは、みんな歌って踊って陽気にやっていたものですよ」
と、浅黒く日焼けした顔の三浦さんが微笑む。

「毎朝ここで踊る彼を見ると、よし、今日も一日頑張ろう!と元気を分けてもらえる気がしますね」
毎朝ここを通るタクシードライバーの北澤さんは語る。

勤続19年目、三浦さんは今日も踊り続ける。


811: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 16:00:14.01 ID:g8HS5swT0.net

子猫の兄弟を拾った。
かなり衰弱しており、私はすぐさま動物病院に走った。
幸い二匹とも命に別状は無く、やがてすくすくと成長。
私は兄に「カズ」、弟に「ダンス」と名づけ、飼う事を決めた。
ニ匹はいつも一緒にいた。特に「ダンス」は兄が大好きで、
「カズ」の後を付いて回る。「カズ」もまた、そんな弟が大好きだった。
ある日、その幸せは脆くも崩れ去る。
「ダンス」が網戸を抉じ開け、脱走したのだ。
私は慌てて街を探した。しかい…間に合わなかった。
車道の真ん中で、「ダンス」は変わり果てた姿になっていた。
私は泣いた。そして自分を責めた。もっと早く見つけてやれば。
「カズ」は全てを悟ったようだった。
涙する私の横で、一度だけ切なげに「にゃあ」と鳴いた。
月日は流れ、今日は「ダンス」の命日。
「カズ」は一年前とは見違える程成長し、弟の分まで逞しく生きている。
滅多な事では暴れず、とても落ち着いた猫になった。
そんな「カズ」が、リビングで騒いでいる。
洗い物をしていた手を止め、リビングを見やる。
なんと、「カズ」が後ろ足で立ち、前足をバタバタ回しているではないか!
カズダンスだ!私はすぐに彼の元へと歩んだ。
彼の前には、買ったばかりの鏡があった。
鏡の向こうに映った自分を、「ダンス」と勘違いしたのだろうか。
にゃあにゃあと盛んに声をあげながら、カズのダンスは続く。
最初で最後の、二匹のカズダンス。
鏡を見つめる彼の眼差しは、どこまでも優しかった


815: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 16:02:46.05 ID:g8HS5swT0.net

彼は毛ガニだった。
魚屋の店頭に並べられた彼。紐で身体を括られ、身動きが取れない。
食卓に並ぶまで、そう時間は無いのだろう。
彼は運命を甘んじて受け入れた。例え己の命が尽きようと、それが誰かの為になるなら構わない。
ただ、この世に未練が無い訳では無かった。
魚屋の主人が見ていたTV。映っていたのはカズダンス。
ああ、出来る事なら来世は人間に。そして、カズダンスを踊ろう。
仲間達は次々と買われていく。別れの言葉すら告げられずに。
そしてとうとう、彼だけが残った。
目前に迫った死。改めて突きつけられた現実に、彼は動揺した。
最期に出来る事は何か。そう、カズダンス。
残された力を振り絞って、彼は十本の脚を懸命に振り回した。
彼を縛り付けていた紐が解け、スチロールの箱から転げ落ちる。
死そのものから逃れるかの如く、彼は這いずり回った。
「おっ、元気がいいな」
やがて、彼は捕まった。アルマーニのスーツに身を包んだ紳士が、彼を拾いあげた。
「すいません、この毛ガニを下さい」
ああ!これは夢だろうか!
彼を買い取ったのは、カズだった!
彼は幸せそうな顔を浮かべ、自ら袋の中へと入っていった。
彼はカズの血に、そして肉となり、憧れのカズダンスを踊ることだろう。
そう、三浦知良本人と共に…

―fin―


816: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 16:04:43.22 ID:g8HS5swT0.net

カズダンス。彼はこの踊りが好きだった。そう…好き「だった」。
今はいない。

先日のことだった。サッカー観戦に行った帰り、ほろよい状態で彼は
カズダンスをはじめた。最初のうちは歩行者たちの生暖かい視線を
受けていたのだが、やがて体のバランスを崩して車道へ飛び出し…

即死だった。あまりにあっけない死に方だった。

彼の行いを私たちは愚かと言えば、良いのだろうか。彼は間抜けだったのだろうか。

私は少し、違うと感じた。だって彼は大好きなカズダンスをしながら、
あの世へと旅立っていったのだから、きっと幸せだったんだ。

そう自分に言い聞かせているうちに体中がムズムズしてきた。
ここは葬儀会場。彼の親族が一同に会している。

「お…れ、オレ、オレ、オレ…」

焼香をしながら、口をついて出た。もうとめられない。
飛び上がり、体を捻った。振り返りざまにけたたましい叫び声を
あげ、私は踊り始めてしまった。禁断のカズダンスを。


820: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 16:07:37.39 ID:WamryxTL0.net

親善大使として召集やないかい!

報知の見切り発車、いい加減にしろ!


823: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 16:13:19.01 ID:5KK3M13I0.net

すでにザックが公式に否定してるぞwwwww

お前ら釣られすぎだろwwwwwwww


引用元: ・【サッカー/ブラジルW杯】カズ、ザックジャパンに緊急招集!★2

スポンサーサイト

  • |
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 ▼この記事へのコメント
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    ご訪問あざーっす

    最近LINEスタンプ作りはじめました。よかったら買ってね。
    スタンプ一覧

    メニュー

    2016年 12月 【2件】
    2016年 11月 【14件】
    2016年 10月 【75件】
    2016年 09月 【91件】
    2016年 08月 【7件】
    2016年 07月 【4件】
    2016年 06月 【27件】
    2016年 05月 【54件】
    2016年 04月 【84件】
    2016年 03月 【47件】
    2016年 02月 【30件】
    2016年 01月 【39件】
    2015年 12月 【23件】
    2015年 11月 【70件】
    2015年 10月 【49件】
    2015年 09月 【19件】
    2015年 08月 【15件】
    2015年 07月 【32件】
    2015年 06月 【26件】
    2015年 05月 【85件】
    2015年 04月 【2件】
    2015年 03月 【27件】
    2015年 02月 【8件】
    2015年 01月 【6件】
    2014年 12月 【7件】
    2014年 11月 【2件】
    2014年 10月 【25件】
    2014年 09月 【11件】
    2014年 08月 【41件】
    2014年 07月 【100件】
    2014年 06月 【300件】
    2014年 05月 【281件】
    2014年 04月 【345件】
    2014年 03月 【135件】
    2014年 02月 【25件】
    2014年 01月 【21件】
    2013年 12月 【17件】
    2013年 11月 【23件】
    2013年 10月 【22件】
    2013年 09月 【32件】
    2013年 08月 【39件】
    2013年 07月 【63件】
    2013年 06月 【131件】
    2013年 05月 【70件】
    2013年 04月 【74件】
    2013年 03月 【19件】
    2013年 02月 【27件】
    2013年 01月 【45件】
    2012年 12月 【44件】
    2012年 11月 【87件】
    2012年 10月 【30件】
    2012年 09月 【71件】
    2012年 08月 【39件】
    2012年 07月 【11件】
    2012年 06月 【16件】
    2012年 05月 【18件】
    2012年 04月 【31件】
    2012年 03月 【21件】
    2012年 02月 【51件】
    2012年 01月 【116件】
    2011年 12月 【127件】
    2011年 11月 【104件】
    2011年 10月 【138件】
    2011年 09月 【134件】
    2011年 08月 【150件】
    2011年 07月 【152件】
    2011年 06月 【162件】
    2011年 05月 【171件】
    2011年 04月 【151件】
    2011年 03月 【163件】
    2011年 02月 【131件】
    2011年 01月 【164件】
    2010年 12月 【152件】
    2010年 11月 【151件】
    2010年 10月 【167件】
    2010年 09月 【172件】
    2010年 08月 【167件】
    2010年 07月 【159件】
    2010年 06月 【163件】
    2010年 05月 【180件】
    2010年 04月 【168件】
    2010年 03月 【160件】
    2010年 02月 【164件】
    2010年 01月 【186件】
    2009年 12月 【206件】
    2009年 11月 【187件】
    2009年 10月 【221件】
    2009年 09月 【210件】
    2009年 08月 【232件】
    2009年 07月 【220件】
    2009年 06月 【252件】
    2009年 05月 【308件】
    2009年 04月 【325件】
    2009年 03月 【286件】
    2009年 02月 【253件】
    2009年 01月 【290件】
    2008年 12月 【337件】
    2008年 11月 【300件】
    2008年 10月 【364件】
    2008年 09月 【351件】
    2008年 08月 【243件】
    2008年 07月 【241件】
    2008年 06月 【202件】
    2008年 05月 【214件】
    2008年 04月 【271件】
    2008年 03月 【268件】
    2008年 02月 【295件】
    2008年 01月 【312件】
    2007年 12月 【97件】
    2007年 11月 【92件】
    2007年 10月 【147件】
    2007年 09月 【107件】
    2007年 08月 【112件】
    2007年 07月 【99件】
    2007年 06月 【115件】
    2007年 05月 【117件】
    2007年 04月 【73件】
    2007年 03月 【103件】
    2007年 02月 【73件】
    2007年 01月 【86件】
    2006年 12月 【145件】
    2006年 11月 【121件】
    2006年 10月 【137件】
    2006年 09月 【156件】
    2006年 08月 【249件】
    2006年 07月 【181件】
    2006年 06月 【185件】
    2006年 05月 【209件】
    2006年 04月 【130件】
    2006年 03月 【113件】
    2005年 08月 【1件】
    2000年 01月 【1件】

    最近のコメント
    Rakuten

    人気記事ランキング
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    お笑い
    2位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    1位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスランキング
    ブログ村
    にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
    twitter はじめました更新情報など
    相互リンク募集中